新腹足目
  ツクシガイ科
   ベニオトメフデ
********************************
 新腹足目
  ツクシガイ科
   ヒシオトメフデ
********************************

 2010年12月 打ち上げ採集 SL 22.6mm
 SL 20〜30mm
 相模湾以南〜熱帯インド・西太平洋、紅海 潮間帯〜水深30m岩礁底
 ☆☆☆ 少ない
 数はあるが、状態のよいものは少ない。好きな貝のひとつ。
 2012年9月 打ち上げ採集 SL 16.0mm
 SL 20mm
 紀伊半島以南〜熱帯インド・西太平洋、潮下帯〜水深30m岩礁底
 ☆☆☆☆ 珍しい
 状態のよいものは出ないのでは?殻表が籠目状なので前種とは区別できる

  
 新腹足目
  ツクシガイ科
   ハマオトメフデ
********************************
 新腹足目
  ツクシガイ科
   シマオトメフデ
********************************

 2012年11月 打ち上げ採集 SL 12.6mm
 SL 15mm
 房総半島以南〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯〜水深20mの砂礫地
 ☆☆☆ 少ない
 小さくて肉眼では識別が難しい。この個体は色合いがシマオトメフデっぽい。   
 2010年9月 打ち上げ採集 SL 11.0mm
 SL 15mm
 房総半島以南〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯〜水深20mの砂礫地
 ☆☆ 普通
 小さな個体で口が欠けているが特徴が良く出ている。

 新腹足目
  ツクシガイ科
   ソメワケオトメフデ
********************************
 新腹足目
  ツクシガイ科
   クロオトメフデ
********************************

 2012年12月 打ち上げ採集 SL 12.6mm
 SL 20mm
 房総半島以南〜鹿児島、フィリピン、インドネシア 潮間帯〜水深10mの砂礫底
 ☆☆☆☆☆☆ ごく稀
 シマオトメフデと思って拾ってきたらソメワケでした。外唇側が壊れているのが惜しい。   
 2010年12月 打ち上げ採集 SL 19.1mm
 SL 25mm
 房総半島以南〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯〜水深10mの岩礁、サンゴ礁
 ☆☆☆ 少ない
 状態の悪いものばかり。ここのは茶褐色で黒いものは見たことがない。   

  
 新腹足目
  ツクシガイ科
   シイノミツクシ
********************************
 新腹足目
  ツクシガイ科
   ヒゼンツクシ
********************************

 2006年10月 漁港採集 SL 15.6mm
 SL 15〜20mm
 房総半島以南 潮下帯〜水深30mの砂礫底
 ☆☆☆☆☆☆ ごく稀
 海底の砂(タコ壺などから捨てられた)の中から、同定の自信はありません・・・。   
 2011年3月 打ち上げ採集 SL 11.2mm
 SL 10mm
 房総半島以南〜朝鮮半島、フィリピン、熱帯太平洋 岩礁地潮間帯〜水深20m
 ☆☆ 普通
 白帯が直線的でないことでハマオトメフデと区別できる。褐色のカスリ模様が表れる

  
 新腹足目
  ツクシガイ科
   ノミフデ
********************************
 新腹足目
  ツクシガイ科
   ハナカゴオトメフデ
********************************

ノミフデ

ハナカゴオトメフデ

 2013年4月 打上げ採集 SL 8.1mm
 SL 6mm
 房総半島以南 熱帯インド・太平洋 岩礁域潮下帯転石下
 ☆☆☆ 少ない ヤタテガイの幼貝と思い今までスルーしていました。
 殻は褐色。密で平たい螺肋が成長脈で刻まれ弱い顆粒状。   
 2013年7月 打上げ採集 SL 27.0mm
 SL 30mm
 相模湾、日本海西部以南 熱帯インド・太平洋、ハワイ 潮下帯〜水深100m砂底
 ☆☆☆☆ 珍しい 三浦半島で拾える数少ない中型ツクシガイの仲間。
 殻は白色。周縁に褐色色帯。角立った縦肋をもち螺肋と交差し肋間は小穴状。   

TOPへ

inserted by FC2 system