新腹足目
  イモガイ科
   イボシマイモ
********************************
 新腹足目
  イモガイ科
   ベニイモ
********************************

イボシマイモ

ベニイモ

 2012年10月 打ち上げ採集 SL 20.7mm
 SL 66mm
 房総半島・山口県北部以南〜熱帯インド・西太平洋 潮下帯〜水深20m岩上
 ☆☆☆☆☆☆ ごく稀 最初サヤガタイモだと思ったが模様が違いすぎました。
 緑黄褐色、体層に白色螺帯。肩、螺塔は白色。殻底に顆粒状螺肋。底、口内は紫
 2010年5月 打ち上げ採集 SL 27.1mm
 SL 38mm
 房総半島・但馬〜九州 潮下帯〜水深50m岩礁の海藻間
 ☆☆ 普通 擦れたものは淡い紅色になる。打上数は多いが新鮮なものは無い。
 紫褐色で体層面に10〜20本の褐色小点螺列をめぐらす。体層中央と底に白色帯

 新腹足目
  イモガイ科
   ベッコウイモ
********************************
 新腹足目
  イモガイ科
   リシケイモ(オカモトイモ)
********************************
 

ベッコウイモ

リシケイモ

 2012年9月 打ち上げ採集 SL 28.5mm
 SL 70mm
 房総半島・男鹿半島〜台湾 潮下帯〜水深50mの砂礫中。
 ☆☆☆ やや少ない 2センチ以上あるものは少ない。状態は押し並べて悪い。
 側面に暗褐色の雲状縦斑。縫合面は螺条と放射状の暗褐色斑。殻頂は橙紅色
 2006年11月 漁港採集 SL 43.8mm
 SL 55mm
 房総半島・山口県〜熱帯インド西太平洋 潮間帯〜水深200mの砂底、岩礁。
 ☆☆☆☆☆ 稀 打ち上げでは得られないが漁港で稀にみかける。
 白色で体層に黄褐色の螺帯を2本めぐらす。螺塔は低く階段状。

 新腹足目
  イモガイ科
   ガクフイモ(幼貝)
********************************
 新腹足目
  イモガイ科
   サヤガタイモ
********************************
 

ガクフイモ(幼貝)

ガクフイモ(幼貝)

 2013年8月 打ち上げ採集 SL 4.0mm
 SL 22mm
 八丈島・紀伊半島〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯〜潮下帯岩礁、サンゴ間砂中
 ☆☆☆☆☆☆ ごく稀 小さな幼貝だが特徴が良く表れていると思います。
 淡灰色で側面に点線状螺列、灰褐色螺帯、縫合面黒褐色斑、殻底は紫に染まる
 2014年2月 打ち上げ採集(H浜) SL 35.5mm
 SL 40mm
 福島県・山口県〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯〜10m砂底、サンゴ片、岩礁上
 ☆☆☆ 少ない 安房崎では稀だが島の西側では時々みつかる。
 黄褐色、桃色。側面に太い白色のジグザグ模様、短線の螺列。肩部は結節する。

 新腹足目
  イモガイ科
   マダライモ
********************************
 新腹足目
  イモガイ科
   
********************************
 

マダライモ

 2014年7月 打ち上げ採集(C浜) SL 21.4mm
 SL 40mm
 伊豆諸島以南〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯〜20m岩礁、珊瑚礁
 ☆☆☆☆☆☆ ごく稀 土産物品流出の可能性も?
 白色で黒色の四角い模様を3〜4列めぐらす。肩部は弱く結節する。
 ※

TOPへ

inserted by FC2 system