新腹足目
  エゾバイ科
   ミガキボラ
********************************

 新腹足目
  エゾバイ科
   テンスジノシガイ
********************************

ミガキボラ

テンスジノシガイ

 2006年 漁港採集 SL 97.7mm
 SL 110mm
 房総半島〜九州 潮間帯〜水深約20mの岩礁
 ☆☆ 普通(漁港) ☆☆☆☆☆稀(打上)
 食用とされない為か漁港によく捨てられている。付着物の少ないものは美しい。  
 2014年7月 打上げ採集(H浜) SL 15.6mm
 SL 15mm
 伊豆諸島以南〜熱帯インド西太平洋 潮間帯の岩礁
 ☆☆☆☆☆ 稀 新鮮な固体が採集できたので画像変更しました。
 菱形。螺肋は螺溝で切られ顆粒状。外唇内壁に滑層歯列。口は橙紅色で狭い。  

 新腹足目
  エゾバイ科
   ゴマフホラダマシ
********************************

 新腹足目
  エゾバイ科
   マルベッコウバイ
********************************

ゴマフホラダマシ

マルベッコウバイ

 2012年10月 打ち上げ採集 SL 13.8mm
 SL 10mm
 房総半島〜九州 潮間帯〜水深約20mの岩礁
 ☆ 多い 状態は良くないものが多い。ナガゴマフホラダマシとの関係が気になる
 近海産図鑑未記載  
 2014年4月 打ち上げ採集(H浜) SL 40.4mm
 SL 40mm
 房総半島〜フィリピン 潮間帯下部〜水深20mの岩礫底
 ☆☆☆ 少ない 打上はそこそこ見るが完品は稀
 上層に縦肋、下層は平滑。殻底に螺肋。暗褐色群雲模様。外唇は鋸歯状。臍孔有。  

 新腹足目
  エゾバイ科
   シワホラダマシ
********************************

 新腹足目
  エゾバイ科
   
********************************

シワホラダマシ

 2014年7月 打上げ採集(H浜) SL 21.5mm
 SL 25mm
 房総半島〜九州 潮間帯〜水深約10mの岩礁
 ☆☆ 普通 打上数は多いがフレッシュなものはとても少ない。
 殻は白く褐色の螺肋をめぐらす。ビロード状殻疲。外唇内壁に小歯が並ぶ。  
 ※  

 新腹足目
  エゾバイ科
   バイ
********************************

 新腹足目
  エゾバイ科
   
********************************

バイ

 2014年8月 打上げ採集(C浜) SL 22.8mm
 SL 70mm
 北海道南部〜九州、朝鮮半島 水深約10mの砂底
 ☆☆☆☆☆ 稀 城ケ島での打上は稀。サイズ的に食用ゴミの流出ではなさそう。
 殻は厚く白地に褐色斑列がある。老成殻は厚い殻皮を被っている。  
 ※  



TOPへ

inserted by FC2 system