盤足目
  タマガイ科
   ネズミガイ
********************************

  盤足目
   タマガイ科
    
********************************

ネズミガイ

 2010年10月 打ち上げ採集 SL19.0mm
 SL 25mm
 房総半島以南〜インド・西太平洋 水深10〜30m砂底
 ☆☆☆ 少ない 磯浜の安房崎では打ち上げは少ない。
 やや薄く光沢弱、汚白色で不規則な雲状紋、体層中央に薄い色帯。臍は黒く塞ぐ。
 ※

 盤足目
  タマガイ科
   フロガイダマシ
********************************

  盤足目
   タマガイ科
    フロガイ
********************************

フロガイダマシ

フロガイ

 2010年12月 打ち上げ採集 SL 13.2mm
 SL 17mm
 房総半島・男鹿半島〜九州・韓国沿岸 潮下帯〜50m砂底
 ☆☆☆ 少ない 三浦半島では普通だがここではちょっと少ないかな?
 厚く白色で不規則な褐色斑列が並ぶ。臍孔は細く深く三日月状。
 2005年11月 打ち上げ採集 SL 19.3
 SL 40mm
 房総半島以南〜インド・西太平洋 水深5〜70m細砂底
 ☆☆☆☆☆☆ ごく稀 小さな個体ですが存在感有る。1個採集したのみ。
 殻は堅固、灰褐色で4本の黒と白の斑が並ぶ。臍孔は広く深い。

 
 盤足目
  タマガイ科
   ハギノツユ
********************************

  盤足目
   タマガイ科
    ホウシュノタマ
********************************

ハギノツユ

ホウシュノタマ

 2013年11月 打ち上げ採集 SL 12.9mm
 SL 20mm
 房総半島・能登半島〜インド・西太平洋 潮下帯〜100m細砂底
 ☆☆☆☆☆ 稀 擦れたものが多くホウシュノタマとの区別が難しい。
 殻は薄く光沢があり、淡灰褐で3列の波曲紋、縫合に放射状褶。臍は狭く溝状。
 2013年8月 打ち上げ採集 SL 8.4
 SL 20mm
 房総半島以南〜インド・西太平洋 潮間帯〜20m砂底
 ☆☆☆☆ 珍しい この固体写真で見るとハギノツユかもしれませんね・・・
 殻は厚く螺塔はやや高く、淡灰褐色で2列線状斑。縫合に放射状褶、臍は塞ぐ。
 
 盤足目
  タマガイ科
   エゾタマガイ
********************************

  盤足目
   タマガイ科
    ※
********************************

エゾタマガイ

 2014年11月 打ち上げ採集(D浜)SL 24.6mm
 SL 40mm
 北海道南部〜南九州・朝鮮半島南部 水深10〜50m砂泥底
 ☆☆☆☆☆ 稀 深場の貝なため打上は珍しいのか。
 殻は厚く数本の白色帯。臍穴は狭いが鮮明。.
 ※




TOPへ

inserted by FC2 system