盤足目
  タカラガイ科
   ヤクシマダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   ヒメホシダカラ
********************************

ヤクシマダカラ

ヒメホシダカラ

 2012年10月 打ち上げ採集 SL 26.7mm
 SL 24.6〜104.7ミリ
 房総半島、山口県以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深20m岩礁サンゴ礁
 ☆☆☆☆ 珍しい 幼貝をたまに見る程度。三浦半島では生貝も。
 背面は朽木文様調の模様。腹面は灰褐色に黒斑。歯は暗褐色に染まる。
 2012年4月 打ち上げ採集 SL 33.0mm
 SL 17.0〜85.0ミリ
 房総半島、山口県以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深15m岩礁サンゴ礁
 ☆☆☆☆ 珍しい 幼貝か、このような亜成貝破片のみ。三浦半島では生貝も。
 背面は多数の褐色斑と数個の黒色斑。腹面は模様無し。歯間は橙色に染まる。

 盤足目
  タカラガイ科
   ホシキヌタ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   ヤナギシボリダカラ
********************************

ホシキヌタ

ヤナギシボリダカラ

 2012年4月 潮だまり底採集 SL 40.6ミリ
 SL 22.5〜100ミリ
 房総半島以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深150mの岩礁底、サンゴ礁
 ☆☆ 普通 
 背面は褐色地に白斑。側面は細筋状。腹部は象牙色(生地は艶のある薄紫色)
 2012年10月 打ち上げ採集 SL 26.3ミリ
 SL 7.5〜53.8ミリ
 房総半島・山口県以南〜インド・太平洋 潮間帯〜35m岩礁、サンゴ礁
 ☆☆☆☆☆☆ ごく稀 三浦半島ではかなり少ない種類。
 背面は淡褐色で縦に細い黒い筋。前後端は橙色。歯はかなり細かく口は狭い。

 
 盤足目
  タカラガイ科
   ナツメモドキ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   クロダカラ
********************************

ナツメモドキ

クロダカラ

 2012年2月 潮だまり底採集 SL 27.9mm
 SL 11.9〜44.8ミリ
 銚子以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深10m岩礁サンゴ礁
 ☆☆☆☆ 珍しい 春先潮だまりでFDを見かける程度(三浦半島内より少ない)
 背面に褐色点を散し中央に褐色大斑。側面から腹面は白色。歯は弱く口は広い。
 2012年4月 潮だまり底採集 SL18.8mm
 SL 8.9〜28.1ミリ
 房総半島、但馬半島以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深20m岩礁サンゴ礁
 ☆☆☆ 少ない 打ち上げ、潮だまりでもたまに見かける程度。
 青味のある地に暗褐色斑を散らし4本の暗色帯をもつ。側面にやや大きな黒斑。

 盤足目
  タカラガイ科
   クチグロキヌタ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   メダカラガイ
********************************

クチグロキヌタ

メダカラ

 2005年12月 打ち上げ採集 SL 37.0mm
 SL 13.6〜59.0ミリ
 房総半島、山口県南〜インド・太平洋 潮間帯下部〜水深150m岩礁、泥底。
 ☆☆☆☆ 珍しい 口だけの破片はたまに見かけるが、完品の打ち上げは稀。
 背面は褐色で2本の黄帯。腹面は黒色。側面〜背面にかけて青白色。口は広い
 2012年6月 打ち上げ採集 SL 6.6mm
 SL 6.0〜30.4ミリ
 本州東北以南〜インド・太平洋、地中海 潮間帯〜80m岩礁サンゴ礁転石帯
 ☆ 多い これは6ミリ台の矮小個体。サイドスポットは無いけどメダカラです。
 背面に褐色斑を散し、中央に大黒色斑または帯をもつ。腹面は白色で黒色小斑。

 盤足目
  タカラガイ科
   ツマベニメダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   ツマムラサキメダカラ
********************************

ツマベニメダカラ

ツマムラサキメダカラ

 2012年6月 打ち上げ採集 SL 8.5mm
 SL 7.1〜15.1ミリ
 房総半島以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深10mの岩礁サンゴ礁
 ☆☆☆☆☆ 稀
 口がほぼ直線、帯模様が3本ほぼ同じ濃さ、内唇下部の歯が細かい。
 2010年3月 打ち上げ採集 SL 12.4mm
 SL 6.0〜21.0mm
 銚子以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深10mの岩礁サンゴ礁
 ☆☆☆ 少ない
 口の上部が左へ曲がっている。中央の帯が濃い。内唇下部の歯が大きい。

 盤足目
  タカラガイ科
   カミスジダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   チャイロキヌタ
********************************

カミスジダカラ

チャイロキヌタ

 2010年3月 打ち上げ採集 SL 14.0mm
 SL 8.6〜27.6mm
 房総半島以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深30m岩礁、サンゴ礁、泥底。
 ☆☆☆ 少ない
 チャイロキヌタに似るが細い線模様が入り、色は薄いものが多い。
 2010年3月 打ち上げ採集 SL 20.8mm
 SL 7.3〜26.0mm
 房総半島、男鹿半島以南、小笠原諸島、韓国沿岸 潮間帯〜20m岩礁
 ☆ 多い 美しい貝だが産出量が多いのでどうしてもそっけなくしてしまう・・・。
 背面は黄褐色〜紫褐色で2本の淡黄色帯。腹面は白色。

 
 盤足目
  タカラガイ科
   ウキダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   クロシオダカラ
********************************

ウキダカラ

クロシオダカラ

 2010年10月 打ち上げ採集 SL 17.8ミリ
 SL 8.7〜34.5ミリ
 房総半島以南〜熱帯インド・太平洋 潮間帯〜水深20m岩礁、サンゴ礁。
 ☆☆☆☆ 珍しい 安房崎では意外と少なかったが、2012年以降微増。
 黒色で2本の白色帯というより、白地に3本の太い黒色帯の方がわかりやすい。
 2012年5月 打ち上げ採集 SL 15.1ミリ
 SL 7.4〜17.4ミリ
 房総半島以南〜インド・太平洋 水深30m〜100mの岩礁
 ☆☆☆☆ 珍しい 2012年頃まではわりと拾えたが、最近は激減。
 腹部の斑点が細かく密集、歯の細かさと口の狭さ(下の方が広がらない)

 盤足目
  タカラガイ科
   アジロダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   カバホシダカラ
********************************

アジロダカラ

カバホシダカラ

 2005年12月 打ち上げ採集 SL 15.1ミリ
 SL 8.3〜26.6ミリ
 房総半島以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深20m岩礁、サンゴ礁。
 ☆☆☆☆☆ 稀 南房総に比べると、三浦半島はかなり少ない。
 背面に褐色と白色のくの字模様帯を3本。腹面は橙色で黒色小班を密に散らす。
 2012年8月 打ち上げ採集 SL 16.0ミリ
 SL 9.9〜27.2ミリ
 房総半島・山口県以南〜東南アジア・豪州北岸 潮間帯〜20m岩礁、サンゴ礁
 ☆☆☆☆ 珍しい 最近増えてきているような気がする。
 背面は暗灰褐色で2本の青白い細帯。腹面は濃橙色で黒色小班、歯は白くなる。

 盤足目
  タカラガイ科
   エダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   ハナマルユキ
********************************

エダカラ

ハナマルユキ

 2012年10月 打ち上げ採集 SL 31.1mm
 SL 10.0〜49.7ミリ
 房総半島南部以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深40m岩礁、サンゴ礁。
 ☆☆☆☆☆ 稀 アリソンエダカラとの区別が良く解らない。
 背面に不規則な褐色点。側面から腹面は白色。側面に黒点を散在。歯は細かい。
 2011年12月 潮だまり底採集 SL 32.7mm
 SL 14.6〜44.9ミリ
 房総半島・山形県以南〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯岩礁、サンゴ礁。
 ☆☆ 普通 冬に多く打ち上がる。冬の潮だまりには生貝もみられる。
 全体に黒紫褐色で背面に白点を散し、前後端は青白く、歯とは白く染まる。

 盤足目
  タカラガイ科
   サバダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   ニセサバダカラ
********************************

サバダカラ

ニセサバダカラ

 2012年5月 打ち上げ採集 SL 16.6ミリ
 SL 9.6〜26.6ミリ
 房総半島以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深20m岩礁。
 ☆☆☆☆ 珍しい
 黒色で2本の途切れた白色横帯、中央に大斑。側面に黒点を散らす。腹面は白。
 2010年6月 打ち上げ採集 SL 12.9ミリ
 SL 8.2〜24.4ミリ
 房総半島以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深10m岩礁、サンゴ礁。
 ☆☆☆☆ 珍しい
 前種に似るが横帯は細く途切れず。下部に白色斑。内唇下部の歯が短い。

 盤足目
  タカラガイ科
   スソムラサキダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   オミナエシダカラ
********************************

スソムラサキダカラ

オミナエシダカラ

 2013年7月 打ち上げ採集 SL 41.3mm
 SL 9.9〜55.1mm
 房総半島、九州西岸〜東南アジア 潮間帯〜40m岩礁、サンゴ礁
 ☆☆☆☆☆ 稀 房総ではそこそこ、三浦半島ではあまり聞かない。
 背面に黄褐色の網目模様側面〜腹面は淡橙白色で菫色斑をもつ。歯間は橙色
 2012年4月 打ち上げ採集 SL 21.1mm
 SL 12.6〜41.6mm
 房総半島,山口県以南〜東南アジア,インドネシア 潮間帯〜30m岩礁、砂礫底
 ☆☆ 普通 最近小型化しているような感じ。この個体も21ミリとやや小ぶり。
 背は灰褐色で白色輪紋、白色層が覆う。腹面は白く前後端は桃色。側面に窪み。

 盤足目
  タカラガイ科
   コモンダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   ハツユキダカラ
********************************

コモンダカラ

ハツユキダカラ

 2010年3月 打ち上げ採集 SL 27.3mm
 SL 10.3〜71.3mm
 房総半島、山口県以南〜インド・太平洋 潮間帯〜水深30m
 ☆☆ 普通 サイズのばらつきの多い種のよう、ここでもサイズは色々。
 背は黄褐色で白斑、褐色輪紋を散し。側面には褐色線、腹面にかけて褐色大斑

 2010年10月 漁港採集 SL 34.7mm
 SL 10.9〜56.0mm
 房総半島、山口県以南〜西部太平洋 潮間帯〜水深150mの岩礁、泥礫底
 ☆☆ 普通 私が貝を集めるきっかけになった貝です。
 背面は黄〜緑褐色で白斑を散らす。腹面は白色。側面に弱い窪み。


 盤足目
  タカラガイ科
   ウミナシジダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   ナシジダカラ
********************************

ウミナシジダカラ

ナシジダカラ

 2013年12月 打ち上げ採集 SL 23.7mm
 SL 8.7〜37.0mm
 房総半島、山口県以南〜熱帯インド、西太平洋 潮間帯〜100m砂底、サンゴ礁
 ☆☆☆☆☆ 稀 割れている個体でも年に一つ見るかどうか。
 背面は良く膨らみ橙黄色で白斑がある。前後端と側面の褐色斑は丸く小さい。
 2012年6月 打ち上げ採集 SL 23.5mm
 SL 6.3〜42,7mm
 銚子、山口県以南〜インド・太平洋 潮間帯〜400m岩礁、サンゴ礁
 ☆ 多い 歯は通常白いが時々歯が着色しているものがある。
 背面は黄褐色で白斑がある。やや細長く、前後端と側面に濃い暗色斑がある。

 盤足目
  タカラガイ科
   カモンダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   アヤメダカラ
********************************

カモンダカラ

アヤメダカラ

 2012年9月 打ち上げ採集 SL 18.3ミリ
 SL 6.1〜36.5ミリ
 房総半島・能登半島以南〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯〜20m岩礁、サンゴ礁
 ☆☆ 普通 三浦半島の東京湾側でも見つかる。
 背面は白斑、褐色斑が密集。前後端は淡紫色。腹面は赤褐色。側面は窪みあり。
 2012年2月 打ち上げ採集 SL 19.1ミリ
 SL 9.3〜28.5ミリ
 房総半島・山口県以南〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯岩礁、サンゴ礁
 ☆☆☆ 少ない きれいな紫色は退色するようだ。
 背面は褐色で縁取られた白斑を散らす。側面から腹面は紫色。側面は窪みあり。

 盤足目
  タカラガイ科
   ハナビラダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   キイロダカラ
********************************

ハナビラダカラ

キイロダカラ

 2012年4月 潮だまり底採集 SL 27.7ミリ
 SL 8.9〜37.4ミリ
 房総・男鹿半島以南〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯砂礫底、岩礁、サンゴ礁 
 ☆☆☆ 少ない 安房崎では真夏でも生貝を見られる。越冬しているのか?
 背面は淡灰緑色で橙色の環状紋をもつ。側面から腹面は白色。
 2012年2月 潮だまり底採集 SL 21.0ミリ
 SL 8.9〜44.7ミリ
 房総半島・山口県北部以南〜熱帯インド・西太平洋 潮間帯岩礁、サンゴ礁
 ☆☆ 普通 冬の潮だまりで多く拾える。冬季は生貝もよく見られる。
 黄白色で環状紋を持つものも。側部と後端部が隆起する。腹面は淡色。

 盤足目
  タカラガイ科
   シボリダカラ
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   サメダカラ
********************************

シボリダカラ

サメダカラ

 2012年10月 打ち上げ採集 SL 27.7mm
 SL 8.3〜39.1mm
 房総半島、山口県以南〜インド・太平洋 潮間帯〜30m岩礁、サンゴ礁
 ☆☆ 普通 退色が顕著。三浦半島では白斑は顆粒状にならない。
 背面は濃灰色で白斑を散らし時に顆粒状になる。前後端と歯は橙色。
 2012年10月 打ち上げ採集 SL 21.9mm
 SL 8.0〜32.9mm
 房総半島、山口県北部〜インド・太平洋 潮間帯〜20m岩礁、サンゴ礁
 ☆☆ 普通 三浦半島でも白斑は顆粒状になる。
 背面の白斑はしばし顆粒状になる。歯は橙色で腹部全体に伸びる。

 盤足目
  タカラガイ科
   クチムラサキダカラ(幼貝)
********************************
 盤足目
  タカラガイ科
   キムスメダカラ
********************************

クチムラサキダカラ

キムスメダカラ

 2014年2月 打ち上げ採集 SL 26.2mm
 SL 15.9〜93.9mm
 房総半島、山口県北部〜熱帯インド・西太平洋。潮間帯〜35m岩礁、サンゴ礁
 ☆☆☆☆ 珍しい 三浦半島では年により発生数に差がある。
 背面は淡橙褐色で4本の暗色横帯がある。成体は口が紫に染まる。
 2014年12月 打ち上げ採集(H浜) SL 23.7mm
 SL 15〜33mm
 房総半島以南〜熱帯西太平洋。潮間帯〜100m岩礁、サンゴ礁
 ☆☆☆☆☆☆ ごく稀 城ケ島ではごく稀に打ち上がるようです。
 背に大きな褐色斑。側面に明瞭な小斑。口はやや狭く、歯間は橙色に染まる。




TOPへ

inserted by FC2 system