盤足目
  リソツボ科
   オガサワラリソツボ
********************************
 盤足目
  リソツボ科
   タマツボ
********************************

オガサワラリソツボ

タマツボ

 2013年4月 打ち上げ採集 SL 2.3mm
 SL 2.5mm
 房総半島、山形県以南、西太平洋。潮間帯の転石下。
 ☆☆☆☆ 珍しい
 殻は堅固。強い螺肋と縦肋が交差し格子状。色彩が図鑑と異なる?
 2013年9月 打ち上げ採集 SL 2.9mm
 SL 2.8mm
 千島列島〜相模湾太平洋側。〜九州日本海、瀬戸内海。潮間帯〜潮下帯岩礁。
 ☆☆☆☆☆ 稀 これは典型的な温帯個体かな?
 赤褐色。細かい螺肋。強い縦肋が現れるが温帯域では体層で消失する物が多い

 盤足目
  リソツボ科
   トクナガツボ
********************************
 盤足目
  リソツボ科
   トウキョウリソツボ
********************************

トクナガツボ

トウキョウリソツボ

 2013年4月 打ち上げ採集 SL 2.3mm
 SL 2.5mm
 房総半島、北海道南部以南日本海〜九州。潮間帯〜潮下帯上部。岩礁地。
 ☆☆☆☆ 珍しい
 明瞭な螺肋と縦肋が交差するが、縦肋は体層上部で消失する。トウキョウリソツボ?
 2013年3月 打ち上げ採集 SL 3.3mm
 SL 3mm
 房総半島、山形県以南〜九州。岩礁地 潮間帯〜潮下帯上部 転石下
 ☆☆☆ 少ない ここでは赤褐色と白色の縞模様の個体がほとんど。
 体層では8本の螺肋と交差する縦肋がある。赤褐色または白色で殻口は白い。

 盤足目
  リソツボ科
   スジウネリチョウジガイ
********************************
 盤足目
  リソツボ科
   ノンビリチョウジガイ?
********************************

スジウネリチョウジガイ

ノンビリチョウジガイ

 2013年4月 打ち上げ採集 SL 3.7mm
 SL 5mm
 房総・男鹿半島以南、九州、小笠原。潮間帯転石地。
 ☆☆☆☆ 珍しい
 縦肋はやや傾き緩く湾曲する。生時は硫化鉄が沈着する。
 2013年8月 打ち上げ採集 SL 4.9mm
 SL 7mm
 奄美大島、小笠原以南〜熱帯西太平洋。岩礁域潮間帯。
 ☆☆☆☆☆ 稀 外唇底部の突起は擦れてなくなってしまったのか?
 やや傾いた縦肋が密に並び外唇底部に3つの突起。赤褐色帯をもつものが多い

 盤足目
  リソツボ科
   カゴメチョウジガイ
********************************
 盤足目
  リソツボ科
   ハスメチョウジガイ
********************************

カゴメチョウジガイ

ハスメチョウジガイ

 2013年8月 打ち上げ採集 SL 6.3mm
 SL 6.5mm
 房総・能登半島以南〜九州北部まで。水深20mまでの潮下帯砂礫底。
 ☆☆☆☆☆ 稀
 縦肋、螺肋ともに強いが粗い。縫帯は竜骨状で顕著。
 2013年4月 打ち上げ採集 SL 2.8mm
 SL 3mm
 房総半島〜九州までの太平洋岸。潮間帯〜潮下帯岩礁地。
 ☆☆☆☆ 珍しい
 殻軸から45度傾く細い浮き彫り状の彫刻をもつ。

 盤足目
  リソツボ科
   カワリボリチョウジガイ
********************************
 盤足目
  リソツボ科
   ヒナチョウジガイ
********************************

カワリボリチョウジガイ

ヒナチョウジガイ

 2013年10月 打ち上げ採集 SL 6.9mm
 SL 6mm
 房総・能登半島以南〜沖縄まで。潮間帯〜潮下帯、砂礫地。
 ☆☆☆☆☆ 稀
 やや薄質。殻頂部に傾いた縦肋体層で消失。細く間隔の開いた螺肋は全体に。
 2014年11月 打ち上げ採集 C浜貝砂 SL 2.1mm
 SL 2.3mm
 房総半島・山口県〜熱帯西太平洋。潮間帯、転石下。
 ☆☆☆☆☆☆ ごく稀 口にはまった石が取れない
 小型で強くまっすぐな縦肋をもつ。口は小さめで傾いた半円状

TOPへ

inserted by FC2 system